韓国、0・25%利下げ

共同通信

 【ソウル共同】韓国銀行(中央銀行)は18日、金融通貨委員会を開き、基準金利を0・25%引き下げて年1・50%とすると発表した。聯合ニュースによると、李柱烈総裁は記者会見で、日本政府の半導体材料の輸出規制強化が「成長率などの評価に一部影響した」と述べ、利下げ要因の一つになったとの認識を示した。利下げが前倒し実施されたとの見方もある。

 韓銀は国内経済について、輸出や設備投資不振が深まり、成長が鈍化していると判断。2019年の国内総生産(GDP)成長率見通しについて、李氏は記者会見で、4月に下方修正した2・5%をさらに下回り2・2%になるとの見通しを示した。

PR

PR

注目のテーマ