トヨタ社長が交通安全祈願、長野

共同通信

 トヨタ自動車の役員ら約450人が18日、長野県茅野市の聖光寺で交通安全を祈願した。スズキやマツダ、SUBARU(スバル)のトップらも参列した。高齢者による事故が目立つ中、法要後に取材に応じた豊田章男社長は「願いは交通事故死ゼロに尽きる。1社だけでは安全なモビリティー社会はつくれない」と述べ、安全分野で各社が協調する必要があると訴えた。

 法要前に、トヨタ役員が自動運転や安全面について講演。グループ会社や保険会社関係者も出席し、豊田氏は「メーカーや業界の枠を超えて語りだした」と述べ、安全分野での連携の手応えを語った。

PR

PR

注目のテーマ