ラグビー日本、宮崎合宿を終了

共同通信

 ラグビー日本代表が6月上旬から行ってきた宮崎での合宿を17日に終えた。ワールドカップ(W杯)の前哨戦となるパシフィック・ネーションズカップ(27日開幕)に向け、10日程度の合宿を3度実施。戦術の基礎となる肉体面を強化した。FW第3列の姫野(トヨタ自動車)は「達成感がすごい。実りある合宿だった」と充実の表情で語った。

 練習量の多かった第1クールで鍛え、第2、3クールは実戦形式を増やして試合で通用する体力を培った。プレーの切れ間が少ないハイテンポなラグビーを目指し、強豪を運動量で上回るための下地をつくった。

PR

PR

注目のテーマ