経団連フォーラムで懸念相次ぐ

共同通信

 経団連の夏季フォーラムが18日、長野県軽井沢町で2日間の日程で始まった。企業トップが国際情勢に関して意見を交わし、長期化する米中貿易摩擦や中東情勢の緊張の高まりなどを懸念する声が相次いだ。病気療養中の中西宏明会長は欠席した。

 自国第一主義を掲げるトランプ米政権と、独自の「国家資本主義」を進める中国との間で日本の立ち位置は難しいとの見方も目立った。日本生命保険の筒井義信会長は「複数のマーケットを相手にしていると選択を迫られることがある。外交を切り離すことはできない」と述べ、各国の対立が民間企業のビジネスに影響を及ぼすと指摘した。

PR

PR

注目のテーマ