日本政府観光局とシンガポール航空、訪日観光促進のための協力覚書(MOC)を締結

PR TIMES シンガポール航空

日本政府観光局(本部:東京都、理事長:清野 智)とシンガポール航空(本社:シンガポール、CEO:ゴー・チュン・ポン)は本日、シンガポール、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリアの主要5市場から日本への観光促進を目的とした協力覚書を締結しました。

(左2番目より)日本政府観光局 海外プロモーション部長 藤田礼子、同 理事 蜷川 彰、シンガポール航空 シニアバイスプレジデント(セールス&マーケティング担当)キャンベル・ウィルソン、同 ブランドマーケティング部 シニアマネージャー ランジャン・ジャ
今回の協力覚書の締結により、日本政府観光局とシンガポール航空はシンガポール、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリアから日本を訪れる観光客を増加させるためのマーケティング活動に、今年度約5千万円(約60万シンガポールドル)の投資を行い、今後さらに協力体制を強化し、2020年に訪日旅行者4000万人を受け入れるという日本政府の掲げる目標の達成に向け事業を展開して参ります。日本政府観光局が航空会社と協力覚書を締結するのは今回が初めてです。

シンガポールからの訪日旅行者数は過去5年間で2.3倍に増加しており、2018年だけでも前年比8.2%増の437,280人が日本を訪れました。同様に、インドは14.6%増、インドネシアは12.6%増、マレーシアは6.6%増、オーストラリアは11.6%増の割合で、訪日旅行者が前年より増加しています。*1

シンガポール航空は現在、シンガポールから東京(成田・羽田)、名古屋、大阪、福岡の4都市へ毎週77便を運航しています。また、子会社で地域航空会社であるシルクエアーは広島へ週3便運航しているほか、子会社の格安航空会社スクートは、シンガポールから札幌、東京(成田)、大阪へ週37便を運航しており、シンガポール-日本間でグループ会社を含めて、合計週117便を運航しています。

日本政府観光局の理事である蜷川 彰は以下のように述べました。
「アジアからの訪日客数は年々着実に伸びており、日本にとって非常に重要なマーケットです。今回のシンガポール航空との強固なパートナーシップ構築を最高の機会と捉え、シンガポールのみならず、アジア・オセアニアからシンガポールを経由して日本に訪れる観光客が益々増えることを期待しています。」

シンガポール航空のシニアバイスプレジデント(セールス&マーケティング担当)のキャンベル・ウィルソンは以下のように述べました。
「日本は、観光客とビジネス客いずれにとっても魅力的な目的地です。我々は日本政府観光局との新たなパートナーシップを通じて、この国の観光産業のさらなる成長に貢献できることを楽しみにしています。」

*1 訪日外客統計の集計・発表:https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/index.html

###
日本政府観光局について
日本政府観光局(JNTO:Japan National Tourism Organization、正式名称:独立行政法人 国際観光振興機構)は、東京オリンピックが開催された1964 年、我が国の政府観光局として設立され、50年間にわたって訪日外国人旅行者の誘致に取り組んできた日本の公的な専門機関です。JNTO は、世界の主要都市に海外事務所を持ち、日本へのインバウンド・ツーリズム(外国人の訪日旅行)のプロモーションやマーケティングを行っています。
日本政府観光局ホームページ:https://www.jnto.go.jp/jpn/index.html

シンガポール航空について
シンガポール航空は125機の最新鋭旅客機と7機の貨物機を保有し、シルクエアーを含め、東京(羽田・成田)、大阪、名古屋、福岡、広島など、世界36の国と地域の98都市を結ぶ充実したネットワークを有しています。シンガポール航空は、そのブランドの果たすべき役割として3つの柱である「Service Excellence」、「Product Leadership」、「Network Connectivity」の向上に継続的に取り組んでいます。シンガポール航空は「スターアライアンス」に加盟しています。
シンガポール航空ホームページ: singaporeair.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ