米最低賃金倍増法案を可決

 【ワシントン共同】米議会下院は18日、連邦の最低賃金を2025年まで段階的に時給15ドル(約1600円)に倍増させる法案を民主党などの賛成多数で可決した。成立の見通しは立っていないが、民主党としては来年の大統領選で主要経済政策の一つとしてアピールする狙いがあり、論争となりそうだ。

 連邦最低賃金は現在7・25ドル。米メディアによると、29州とコロンビア特別区(首都ワシントン)は、これを超える水準に最低賃金を設定している。一方で連邦最低賃金と同じ州も相当数あり、連邦レベルで引き上げが決まれば、こうした州が大きな影響を受ける。

PR

開催中

7人の作家スタンプ展

  • 2021年5月11日(火) 〜 2021年6月15日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店1階昇りエスカレーター前

経済 アクセスランキング

PR