秋田は地上イージス反対の寺田氏

共同通信

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の、秋田市への配備計画の是非を争点に、激戦となった秋田選挙区。配備計画への反対を訴え当選した野党統一候補の無所属新人寺田静氏(44)は「住宅地の目の前への配備は絶対に許されない。国会での発言を通して、阻止に全力を注ぎたい」と強調した。

 白っぽいスーツ姿の寺田氏は、テレビで当選確実が伝えられると、何度も頭を下げながら「ありがとうございます」と拍手に応えた。壇上で5歳の長男を強く抱き締め、笑顔で花束を受け取った。

 自民現職の中泉松司氏(40)は「ただただ私の力不足。大変申し訳ない」と支援者に頭を下げた。

PR

PR

注目のテーマ