「忖度」の塚田氏、落選

共同通信

 道路整備を巡り、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相を「忖度した」と発言して国土交通副大臣を事実上更迭された自民党の塚田一郎氏(55)は、新潟選挙区(改選数1)で3選を果たせなかった。

 「私の発言により大きなマイナスからのスタートとなった」。支援者らが集まった新潟市のホテル。塚田氏は「私の不徳の致すところでおわびする。全て私の責任だ」などと厳しい表情で敗戦の弁を述べると、足早に会場を立ち去った。

 首相や麻生氏らが新潟入りして塚田氏の支持を訴えたが、陣営関係者は「有権者から『忖度おじさんね』と言われることもあった。厳しい戦いだった」と振り返った。

PR

PR

注目のテーマ