世界各国で活躍するイタリアのグラフィティアーティスト・Peeta氏が初来日!約400平方メートル の外壁に描く巨大ウォールアート制作が福岡で遂にスタート!

PR TIMES 株式会社Zero-Ten

彫刻と独自の3Dスタイルを融合させた巨大アートが福岡に誕生
株式会社Zero-Ten(本社:福岡市博多区、代表取締役:榎本二郎)は、2019年9月開業のスポーツ・アスレチック施設「ノボルト(NOBOLT)」の外壁に描く巨大ウォールアートの制作にあたり、イタリアをはじめ世界各国で活躍するグラフィティアーティスト・Peeta(ピータ)氏を福岡に招致いたします。日本でのアート制作は今回が初、約400平方メートル の外壁に描く巨大ウォールアート制作は7月23日より23日間をかけてノボルトの外壁に直接ペインティングいたします。
彫刻と独自の3Dスタイルで平面に立体を生み出す


Peeta氏は、イタリアやニューヨークの世界的に有名なストリートアート(グラフィティ)集団としても活動し、世界各地のジャム、フェスティバル、アートフェアなどに参加しています。伝統的な彫刻と独自の3Dスタイルで平面に立体を生み出すアートが特徴的です。今回の制作ではノボルトのアトラクションを意識して、「上を目指してゴールまで到達する喜び、空に向かって大きく駆け上がって目標を達成していくアクティブなイメージ」を、鮮やかな色使いとそれぞれの個体が醸し出す躍動感を表現しながら完成させてまいります。

福岡を多種多様なアートでエネルギー溢れる街へ


Zero-Tenは創業以来、様々なアート活動とプロジェクトに挑んで参りました。現在、福岡市は天神ビッグバンなど街自体が新しく変わろうとしているタイミングです。今回の招致について、福岡に新しく誕生するランドマークにさらなるエネルギーを与えることができるようなアートを実現させたいという想いからPeeta氏の招致に至りました。今後もアートを通じて福岡を盛り上げていけるように活動を続けてまいります。

About Peeta
1993年より活動するイタリア、ヴェネツィア在住のグラフィティアーティスト。イタリアやニューヨークの世界的有名なストリートアート(グラフィティ)集団としても活動し、世界各地のジャム、フェスティバル、アートフェアなどに参加。伝統的な彫刻と独自の3Dスタイルを融合させ、建物の壁やキャンバスに立体的に見えるグラフィティを描く。作品を描く面の体積や表面、そして空間そのものそれぞれに焦点を合わせ、いくつかの違った個体を集合させることによってユニークな視覚を表現。様々の形状の個体からダイナミックなエネルギーが溢れ、それらが今にも壁から飛び出しそうな錯覚を与える手法を得意とする。

About Zero-Ten
2011年9月設立。アートとエンタテイメントの総合プロデュースファクトリー。商業施設や公共施設のプロジェクションマッピング、舞台や美術館のデジタル映像演出、イベント企画・制作、アートインスタレーション、デザイン、Web開発など特定のカテゴリーにとどまらない、広範な制作・表現活動を行っている。

<アート関連プロジェクト実績>
・絹谷幸二天空美術館(絵画プロジェクションマッピング制作) 
・京都国立近代美術館 (“色彩とイメージの旅 絹谷幸二”3Dデジタルアート制作)
・軍艦島のデジタルミュージアム(総合プロデュース)
・シンガポール国立博物館「YOKAN COLLECTION」(デジタル映像制作)
・天神かっぱの泉(インスタレーション・プロジェクションマッピング制作

■会社概要
商号   :株式会社Zero-Ten
所在地  :福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル 1F
代表者  :榎本 二郎
設立   :2011年9月9日
公式サイト:http://zeroten.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ