天神祭前に「ギャルみこし」

共同通信


                  「ギャルみこし」を担ぎ、商店街を練り歩く女性たち=23日午前、大阪市北区
                拡大

「ギャルみこし」を担ぎ、商店街を練り歩く女性たち=23日午前、大阪市北区


                  「ギャルみこし」を担ぎ、商店街を練り歩く女性たち=23日午前、大阪市北区

 大阪・天神祭が24日から始まるのを前に、80人の女性が担ぐ「ギャルみこし」が23日、大阪市北区を練り歩いた。法被姿の女性たちが「わっしょい、わっしょい」と掛け声を上げ、浪速の街を活気づけた。

 担ぎ手は応募者149人から選ばれた15~30歳の力自慢。みこし2基はそれぞれ重さ約200キロに及ぶ。初めて参加した滋賀県草津市の大学生高橋彩華さん(20)は「みこしを担ぐという念願がかなってうれしい。とても重たいけれど、大阪を盛り上げたい」と笑顔で話した。

 女性たちは天神橋筋商店街や、天神祭の舞台となる大阪天満宮など約4キロを担ぐ。今年で39回目。

PR

PR

注目のテーマ