五輪控え首都高で交通規制テスト

共同通信


                  東京五輪・パラリンピックを1年後に控え、行われる交通規制テストを予告する警視庁の電光掲示=23日午後、東京都中央区
                拡大

東京五輪・パラリンピックを1年後に控え、行われる交通規制テストを予告する警視庁の電光掲示=23日午後、東京都中央区

 東京五輪・パラリンピックを1年後に控え、交通規制テストが24日、首都高速道路や周辺の高速で行われた。一部の入り口を閉鎖したり、通行できる本線料金所のレーンを減らしたりすることで、都心に入る交通量を調整。通勤ラッシュと重なる時間帯を中心に大渋滞が起きる恐れもある。

 宅配各社は「配達が1日程度遅れる場合がある」(日本郵便)などと案内。成田国際空港会社も、移動は「時間に余裕を持って」と呼び掛けている。

 テストは五輪混雑緩和策の一環。大会組織委員会などは本番では首都高の交通量を最大30%減らし、通常の休日並みとする目標を掲げている。

PR

PR

注目のテーマ