タカマツ、山口ら2回戦へ

共同通信

 2020年東京五輪のテスト大会を兼ねたバドミントンのジャパン・オープン第2日は24日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで各種目の1回戦が行われ、女子ダブルスで16年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)はイングランドのペアを2―0で下し、2回戦に進んだ。

 2連覇を目指す世界ランキング1位の福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)も順当に勝った。

 女子シングルスで前週のインドネシア・オープンを制した山口茜(再春館製薬所)はロシア選手を2―0で退けた。

PR

PR

注目のテーマ