JT、「わかば」「エコー」廃止

共同通信

 日本たばこ産業(JT)は24日、「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」の3銘柄を10月以降、在庫を売り尽くした段階で販売を終了すると発表した。「旧3級品」と言われる銘柄の軽減税率が9月末に撤廃されることから大幅な値上げが避けられず、今の販売体制を維持するのは難しいと判断した。

 ゴールデンバットは1906年、わかばは1966年、エコーは1968年に発売した。通常の紙巻きたばこよりも安価なことで根強いファンがいる。

 JTは代わりに、葉巻の一種となる「リトルシガー」で、「わかば・シガー」と「エコー・シガー」を9月中旬に発売する。

PR

PR

注目のテーマ