ソフトバンクG、4兆円超出資へ

共同通信

 【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は24日、ソフトバンクグループが、新たな投資ファンドへの400億ドル(約4兆3千億円)の出資を発表する見込みだと報じた。今回のファンドは、10兆円規模の投資ファンドに続く第2弾の位置付け。同社は25日に開く取締役会で、ファンドへの出資を承認する予定。

 ソフトバンクは2017年にサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国の政府系ファンドと組み、10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を設立し、米配車大手ウーバー・テクノロジーズなどに投資した。

PR

PR

注目のテーマ