離脱案巡り英EU譲らず

共同通信

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は25日、ジョンソン英首相と電話会談し、離脱問題などについて意見交換した。ジョンソン氏の24日の首相就任後、初の英EU首脳の協議。離脱条件を定めた英EUの合意案の扱いを巡って双方は譲らず、話はかみ合わなかったもようだ。

 ジョンソン氏は首相就任後も、メイ前政権とEUが昨年まとめた合意案の一部の条項を「非民主的」と呼び、削除する考えを示している。EU側発表によると、ユンケル氏は現在の案は「最善かつ唯一の合意可能な協定」だと、これまでの主張を繰り返した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ