イランがミサイル実験か

共同通信

 【ワシントン共同】米メディアは25日、米当局者の話として、イランが24日に中距離弾道ミサイル「シャハブ3」の発射実験を行い、成功したと報じた。イラン南部から首都テヘラン近郊まで約千キロ飛行したという。ホルムズ海峡の安全確保のために米国が結成を急ぐ有志連合を巡り、各国を揺さぶる狙いもあるとみられる。

 米国は各国から艦船派遣や資金提供を取り付け、ホルムズ海峡でのイランの挑発行動を抑止したい考えだが、各国には慎重論が根強い。国連安全保障理事会決議はイランに「核兵器を搭載できるよう設計された弾道ミサイル」に関する活動を一切控えることを求めている。

PR

PR

注目のテーマ