フランスのデジタル課税に報復へ

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ大統領は26日、フランスが巨大IT企業を対象に実施する「デジタル課税」に関し、マクロン大統領の「愚行」と非難し「相当な報復措置を間もなく発表する」とツイッターでけん制した。米企業を狙い撃ちにしていると主張し、報復措置をちらつかせることでフランスに撤回を促した形だ。

 米IT企業に課税する場合は「本国である米国であるべきだ」と指摘、フランス政府による課税は受け入れられないとの認識を強調した。フランスはオンライン広告などの売り上げに3%課税する方針。米通商代表部(USTR)は、制裁を視野にデジタル課税が公正かどうか調査している。

PR

PR

注目のテーマ