対イラン制裁反対で一致

共同通信

 【ウィーン共同】崩壊の危機に陥っているイラン核合意当事国による合同委員会の次官級会合が28日、ウィーンで開かれた。合意規定を超えてウラン濃縮を行うイランと制裁を強化する米国の対立が深まる中、中国代表は終了後、英仏独ロ中の当事国が米制裁に対する「強い反対」で一致したと明らかにした。イランのアラグチ外務次官によると合同委の閣僚級会合が近く開かれる見通し。

 英国とイランはホルムズ海峡などで互いのタンカーを拿捕し関係が急速に悪化しているが、欧州側は米制裁とは一線を画して核合意の維持を図り、中東情勢の緊張緩和を模索している。

PR

PR

注目のテーマ