北朝鮮で米朝首脳会談切手

共同通信

 【平壌共同】北朝鮮の郵政当局が、昨年6月にシンガポールで金正恩朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領と行った史上初の米朝首脳会談の記念切手シートを、会談1年後の今年6月12日に発行していたことが分かった。北朝鮮の郵政関係者が29日までに明らかにした。

 6月30日に南北軍事境界線のある板門店で両首脳が3回目の会談を行う2週間以上前に、金氏の対米外交を「成果」と誇る内容の切手が発行されていたことになる。

 関係者によると、板門店会談を記念する切手も、会談1カ月後の7月30日ごろに発行される計画という。

PR

PR

注目のテーマ