葬儀参列者ら60人超殺害

共同通信

 【ナイロビ共同】ナイジェリア北東部ボルノ州の複数の村で27日、武装集団が葬儀の参列者らを襲撃し、少なくとも65人を殺害した。ボルノ州が拠点のイスラム過激派ボコ・ハラムの犯行とみられている。ロイター通信などが28日に報じた。

 襲撃された村は、州都マイドゥグリに近い。武装集団はバイクや車で乗り付け、銃撃した。一部住民は、襲撃後に武装集団を追跡しようとした際に殺害されたもようだ。

 女性や子どもも犠牲になったほか、家屋が燃やされたり食料が略奪されたりしたという。

 現場付近では住民がボコ・ハラムの戦闘員約10人を殺害する事件があり、その報復だった可能性がある。

PR

PR

注目のテーマ