ジュゴン死因はエイのとげ、沖縄

共同通信

 環境省や沖縄県などは29日、今帰仁村の沖合で3月に死骸で見つかった絶滅危惧種の海獣ジュゴンについて、エイのとげが腹腔内に刺さり、腸管が裂傷して死んだ可能性が高いとする解剖結果を発表した。名護市辺野古への米軍施設移設工事との関連を指摘する声があったが、船舶と衝突して死んだ可能性は「極めて低い」と結論付けた。

 検案書は、沖縄近海に生息するオグロオトメエイのとげ(長さ約23センチ)が体の表面から刺さり、腹部の状態が悪化したと指摘した。とげは体内で見つかった。「野生では偶発的に起こり得る事案だ」と説明、明らかな骨折や死因に結び付く外傷はなかった。

PR

PR

注目のテーマ