アイヌ文化継承へ政府が基本方針

共同通信

 政府は29日、アイヌ政策推進本部(本部長・菅義偉官房長官)の初会合を首相官邸で開き、アイヌ文化継承や観光振興のための基本方針案をまとめた。5月施行の「アイヌ施策推進法」を踏まえ、市町村を対象に給付する新たな交付金の申請手続きなどを記載。パブリックコメント(意見公募)を経て8月中にも閣議決定する。菅氏は「民族としての誇りが尊重される社会の実現に向け、積極的に取り組んでほしい」と述べた。

 交付金は、市町村が作成した「施策推進地域計画」に基づき、政府が認定の可否を判断する。方針案には「アイヌの人々の視点に立ち、制度の円滑な運用に努める」と明記した。

PR

PR

注目のテーマ