米、北朝鮮ミサイルで制裁

共同通信

 【ワシントン共同】米財務省は29日、国連安全保障理事会の制裁決議に違反し北朝鮮のミサイル開発に携わったとして、朝鮮労働党の軍需工業部傘下でベトナムを拠点とする貿易会社幹部を米国の制裁対象に追加すると発表した。米国内の資産が凍結され、米国人との取引ができなくなる。

 この幹部は北朝鮮人のキム・スイル氏。北朝鮮は25日にも短距離弾道ミサイルを発射しており、制裁により圧力を維持する姿勢を鮮明にする狙いがあるとみられる。

 米財務省は声明で「違法な核・ミサイル計画に対する国連決議に違反し、米国の制裁を回避する者への制裁を続ける」と強調した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ