風疹患者、全国で2千人

共同通信

 国立感染症研究所は30日、今年の風疹患者数が2004人になったと発表した。昨年夏に始まった流行は首都圏を中心に続いており、今年の患者数が昨年の2917人を上回るペースだ。厚生労働省はワクチン接種の徹底を呼び掛けている。

 21日までの1週間に新たに22人の患者が報告された。地域別では東京都が累計736人で最も多く、神奈川(246人)、千葉(176人)、埼玉(173人)、大阪(120人)、福岡(82人)と続いた。首都圏や大都市圏で目立つ。

 風疹は患者のくしゃみやせきを介して感染し、発疹や発熱などが現れる。

PR

PR

注目のテーマ