二階幹事長が萩生田代行に注意

共同通信

 自民党の二階俊博幹事長は30日の記者会見で、憲法改正論議が停滞するなら大島理森衆院議長を代える必要があると言及した萩生田光一幹事長代行に対し「立場を考えて慎重に発言するように」と注意したと明らかにした。

 萩生田氏は29日、二階氏にインターネット番組での発言を報告し「出演していたジャーナリストの発言を受けて議長の役割の重さを解説したが、言葉足らずで誤解を与えた」と釈明したという。

PR

PR

注目のテーマ