最低賃金、初の900円台で攻防

共同通信

 中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)の小委員会が30日、東京都内で開かれ、2019年度の地域別最低賃金の引き上げ目安を巡る労使の大詰めの攻防が続いた。同日深夜から翌未明にかけて決着する見通し。

 政府は6月にまとめた経済財政運営の指針「骨太方針」で、全国平均時給の早期千円達成を新たな目標に掲げた。現在の874円から前年度並みの3%程度の上積みで初の900円台に達するかどうかが焦点だ。

 これまでに労働者側は時給800円以下の地域を解消するべきだと主張。経営側は明確な根拠に基づく目安の提示を求め、政府目標ありきの議論をけん制した。協議は難航が予想される。

PR

PR

注目のテーマ