かんぽ、3千万件の全契約調査へ

共同通信

 かんぽ生命保険の不正販売問題で、日本郵政とかんぽ生命、日本郵便の社長が31日、そろって記者会見し、約3千万件の全保険契約について、顧客の意向に沿った契約であるかどうか調査すると発表した。顧客に不利益となった恐れがある契約が過去5年に18万3千件あったことも公表。9月上旬までに顧客意向を確認し、9月中に調査状況を中間報告する。日本郵政の長門正貢社長は3人の経営責任に関し「陣頭指揮を執ってまい進する」と述べ、引責辞任を否定した。

 長門氏は「郵便局への信頼を大きく損ねたことで断腸の思い。深くおわび申し上げる」と謝罪した。

PR

PR

注目のテーマ