公明代表、年内衆院解散「困難」

共同通信

 公明党の山口那津男代表は31日のBS11番組収録で、年内の衆院解散・総選挙は困難だとの見方を示した。年末にかけて天皇陛下の「即位礼正殿の儀」や安倍晋三首相の外交日程が立て込んでいると指摘。「合間を縫って解散できるのかどうか。東京五輪・パラリンピックも控え、難しいのではないか」と述べた。

 10月の消費税増税にも触れ「実施直後が妥当なのかどうか。解散権を持つ人はそういうことをいろいろ考える」とも語った。

PR

PR

注目のテーマ