米、在韓米軍負担5倍要求へ

共同通信

 【ソウル共同】韓国紙中央日報は31日までに、在韓米軍の駐留費を巡り、米国が来年の韓国の負担額として今年の5倍以上となる50億ドル(約5400億円)を要求する方針を決めたと報じた。米ワシントンの消息筋の話としている。

 ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が日本に続き23~24日に訪韓し韓国高官らと会談した際、増額を求めたという。この際に具体的な額も伝えたかどうかは不明。

 報道は30日付。韓国大統領府関係者は同日、ボルトン氏から具体的な金額への言及はなかったと述べた。

PR

PR

注目のテーマ