第29期女流王位戦五番勝負

里見香奈女流王位 対 渡部愛女流二段

中継サイトはこちら

特設ページはこちら

第3局 5月30日(水)福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」

豊島連勝 初防衛へ前進 王位戦第2局

友好紙 社会面

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑む第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第2局が31日、札幌市の京王プラザホテル札幌で指し継がれ、午後7時14分、118手までで後手番の豊島が勝ち、2連勝で初防衛に前進した。

 持ち時間各8時間のうち、残りは豊島8分、木村1分。第3局は8、9の両日、福岡市の大濠公園能楽堂で行われる。

 相掛かりの戦型となった本局の2日目は、豊島の封じ手8五桂(52手目)で再開。中盤までじりじりした展開が続く中、豊島の攻めを木村がかわし、手厚い陣形を組んだ。

 押さえ込みを図る木村に対し、豊島は2二角(68手目)から2五歩(70手目)と打開。直後、豊島の5五角(74手目)に木村が6六銀(75手目)と応じたのがまずく、豊島の4五桂(76手目)が厳しい手となり形勢が逆転した。以降は豊島が丁寧に攻めて押し切った。木村も最後まで反撃したが、及ばなかった。

 立会人の島朗九段は「豊島王位は苦しい時間が続いたが、一瞬の隙をとがめて一気にリードを奪った。ただ、木村九段も持ち味である丁寧な指し回しが出ていた。次戦以降も熱戦が期待できる」と話した。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ