米政権、イラン外相を制裁対象に

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米政権は7月31日、イランのザリフ外相を米国の独自制裁の対象に追加したと発表した。対話の窓口である外相への制裁は異例。ウラン濃縮や中東・ホルムズ海峡周辺を巡る問題でイランとの対立が激化する中、圧力を強めた。イラン側のさらなる反発を招く可能性が高い。

 米国はイランの最高指導者ハメネイ師への制裁を6月24日に発表。その際、ザリフ外相についても近く制裁対象に追加すると表明していた。米国内の資産が凍結され、米国人との取引ができなくなる。

 米政府はザリフ氏を制裁対象に加える方針を発表した後も当面見送る姿勢を示していた。

PR

PR

注目のテーマ