トランプ大統領、追加利下げ要求

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は7月31日、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が追加利下げに慎重な姿勢を示したのに対し、「パウエル氏はいつものようにわれわれをがっかりさせた」とツイッターで批判し、さらに利下げを要求した。

 FRBは同日、10年7カ月ぶりの利下げを決めたが、パウエル氏は記者会見で「長く続く利下げの始まりではない」と述べた。これを受けて市場の追加利下げ期待が後退し、米株価が急落した。

 これに対し、トランプ氏は「市場が聞きたかったのは、中国や欧州連合(EU)のような長くて攻撃的な利下げサイクルの始まりという言葉だ」と指摘した。

PR

PR

注目のテーマ