被爆直後の広島「地獄だ」 本紙女性記者の入市確認 同僚、親族捜し取材も

友好紙 一面

 原爆で壊滅直後の広島に女性記者が福岡から入り被爆していた。西日本新聞記者だった福永トシさん(1923~2002)。広島支局員や自身の肉親を捜して取材にも当たった。国立広島原爆死没者追悼平和祈念館(広島市中区の平和記念公園内)が収める被爆体験記14万7千余編から裏付けが見つかり、遺影が寄せられた。

 「お乳がポックリと逆さにぶら下(が)っている人たちがヨロヨロと歩いていた。一面の死体だった」「支局のあった所がわからず翌日も朝から中心部を歩き…『地獄だ、地獄だ』と心の中で叫んでいた」

 被爆者実態調査で旧厚生省が1995年初めて募った体験記に寄せた一文だ。東京・調布市原爆被害者の会が88年に編んだ「明日へわたしの証言」では、病魔が続く半生を12ページにわたり表していたのも分かった。

 広島が壊滅した翌45年8月7日夜、当時21歳の福永記者は、前文化部長らと列車で己斐駅(現西広島駅)に着く。爆心地近く尾道町(同区大手町)の支局跡で、顔なじみの女性事務員と、新人男性記者の遺骨を納めた。さらに同行していた母と、翠町(南区)に住む姉家族や弟、妹を捜して見つける。福岡へは15日に着き、原稿は「一生懸命書いて出したが…どこかでボツにされてしまった」(88年手記)という。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ