脊振山で初冠雪観測 福岡・佐賀 平年より19日早く

雪化粧をした脊振山=19日午前11時21分、佐賀県神埼市 拡大

雪化粧をした脊振山=19日午前11時21分、佐賀県神埼市

 冬型の気圧配置が強まり上空に寒気が流れ込んだ影響で、福岡、佐賀県境の脊振山で19日朝、初冠雪が観測された。福岡管区気象台によると、平年より19日、昨年より20日早い。

 福岡県添田町では午前6時前に平年より3・3度低い3・1度を記録し、今季最低気温を更新。12月中旬並みの寒さとなった。このほか県内では3カ所で今季最低気温を記録。北九州市7・2度、太宰府市5・2度、久留米市5・3度-だった。福岡市・天神でも、厚手のコートやマフラーを着用して通勤する人が目立った。

 福岡管区気象台によると、冷え込みは20日まで続き、21日には平年並みに近づくという。

=2013/11/19 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ