「シリ」の会話分析中止

共同通信

 【ニューヨーク共同】米アップルは2日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などに搭載する音声アシスタント「シリ」と利用者との会話内容の分析を中止したと明らかにした。利用者のプライバシー保護が目的とみられる。

 英紙ガーディアンは7月下旬、シリの品質改善のため、アップルから委託された業者が、録音した会話内容の一部を世界中で分析していると報じていた。質問に対するシリの回答が適切だったかどうかや、利用者が意図しないままシリが起動したかどうかを点検していたという。

 アップルの広報担当者は、将来は利用者が分析を許可するかどうかを選べるようにすると説明した。

PR

PR

注目のテーマ