金正恩氏「望んでいた兵器」

共同通信

 【バンコク共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、金正恩朝鮮労働党委員長が2日、新型の「大口径操縦放射砲(多連装ロケット砲)」の試射に再び立ち会ったと伝えた。高度を抑制しての飛行性能などを試したとし、「待ち望んでいた兵器がまた一つ誕生した」と大きな満足を表明した。

 北朝鮮は2日未明、東部・咸鏡南道永興付近から日本海に向けて短距離の飛翔体2発を発射した。北朝鮮は7月31日に発射した飛翔体についてもロケット砲と発表。これに対し、韓国軍は米韓共同で分析した結果として、いずれも新型の短距離弾道ミサイルだった可能性が高いとしており、主張が食い違っている。

PR

PR

注目のテーマ