米、中ロ含む核軍縮に意欲

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は2日、米ロの中距離核戦力(INF)廃棄条約が失効したことを受け、米ロに中国を入れた3カ国の新たな核軍縮協定に意欲を見せた。一方、エスパー国防長官は声明で、これまで条約で規制されていた地上発射型ミサイルの開発を本格化させると表明した。

 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に、米ロで新たな協定について話し合っていると説明した上で「ある時点で中国を含めたい」と強調。2日に失効したINF廃棄条約に関しては「役割を果たせなくなっていたし、今後も果たせなかっただろう」と述べ、役割を終えたとの認識を示した。

PR

PR

注目のテーマ