米大学チーム、銃想起で標語変更

共同通信

 【ロサンゼルス共同】米大学フットボールの海軍士官学校が今季の標語として決めていた当初案を、銃を想起させるとの指摘を受けて変更していたと3日、複数の米メディアが報じた。

 勝負に向けた準備の比喩として「クリップ(弾倉に類似)に積み込め」とのモットーが掲げられていた。だが、昨年6月に起きた銃撃事件で5人が死亡した地元メリーランド州アナポリスの新聞社キャピタル・ガゼットの記者が不適切ではないかと疑問を呈し、変更に至った。

 海軍士官学校は全米制覇の実績があり、陸軍士官学校との定期戦は年末の風物詩となっている。

PR

PR

注目のテーマ