エボラウイルス検出されず

共同通信

 厚生労働省は4日、エボラ出血熱が流行しているアフリカのコンゴ(旧ザイール)に滞在していた埼玉県の70代女性が帰国後の3日に高熱を出したため血液検査したが、エボラウイルスは検出されなかったと発表した。

 女性は東京都内の医療機関に入院。別の簡易検査でインフルエンザの陽性反応が出ており、厚労省はインフルエンザによる高熱だったとしている。女性は引き続き入院する。

 厚労省によると、女性は仕事で滞在していたコンゴを出国し、7月31日に帰国。8月3日朝に38・2度、同日夜に39・2度まで上がった。女性は、エボラ出血熱患者との接触はなかったと説明しているという。

PR

PR

注目のテーマ