起立型飛行装置で英仏海峡を横断

共同通信

 【ロンドン共同】フランスの男性発明家フランキー・ザパタ氏(40)が4日、起立した状態で搭乗する飛行装置「フライボード」による英仏海峡の横断に成功した。7月にも挑んだが失敗しており、2度目で悲願を達成した。欧州メディアが報じた。

 ジェットスキーの世界的な選手だったザパタ氏は、灯油を燃料とするフライボードを「3年前に」(同氏)自ら開発。4日朝にフランス北部沿岸サンガットを出発し、35キロ程度の距離を約20分で飛んで英南部ドーバーに着陸した。

 英側への到着後、ザパタ氏は記者団に「今回の成功が歴史的偉業かどうかは時がたてば分かる」と語った。

PR

PR

注目のテーマ