北朝鮮が飛翔体2度発射

共同通信

 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は6日、北朝鮮が同日午前5時24分と同36分ごろ(日本時間同)、黄海南道クァイル郡付近から日本海に向けて短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体計2発を発射したと明らかにした。高度は約37キロ、飛距離は約450キロ。朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省報道官は、5日に始まった米韓合同軍事演習を非難し「新たな道を模索せざるを得ないかもしれない」とする談話を発表。対話路線の見直しを示唆して米韓をけん制した。

 日本政府は6日、北朝鮮による飛翔体発射を巡り、日本の領域や排他的経済水域(EEZ)への飛来は確認していないと明らかにした。

PR

PR

注目のテーマ