米韓に「警告」と金正恩氏

共同通信

 【ソウル、東京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、金正恩朝鮮労働党委員長が6日に「新型戦術誘導弾」の発射を視察し、北朝鮮が繰り返し中止を求めてきた米韓の合同軍事演習に対し「警告を送る機会となるだろう」と述べたと伝えた。視察したのは、短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体2発の発射。

 エスパー米国防長官は6日、東京に向かう機内で記者団に「即応態勢を維持する必要がある」として、米韓演習をこれ以上縮小する考えはないと明らかにした。国防総省が7日、明らかにした。

 同通信によると、発射された2発は、北朝鮮の首都圏上空を通過後、朝鮮半島を横断する形で飛行した。

PR

PR

注目のテーマ