米日系人ら核廃絶訴え抗議デモ

共同通信

 【リバモア(米カリフォルニア州)共同】トランプ米政権下で核兵器の開発を続ける西部カリフォルニア州の核研究機関前で6日、日系人や米国人活動家ら約200人が核兵器廃絶を訴えた。広島の「原爆の日」に合わせた恒例の抗議デモで、大きな混乱はなかった。

 デモはサンフランシスコの東約60キロにあるローレンス・リバモア国立研究所前で実施。同研究所は2月、西部ネバダ州の施設でプルトニウムを使用、核爆発を伴わない臨界前核実験を行った。

 長崎の原爆で被爆した花岡伸明牧師(74)=米国在住=は、国連で採択された核兵器禁止条約を、各国が批准することの必要性をアピールした。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ