ホッキョクグマに涼しさを、札幌

共同通信

 68年ぶりの猛暑が続いている札幌市の円山動物園で7日、ホッキョクグマなどに計2トンを超える氷やスイカなどの果物がプレゼントされた。クマが氷に寝そべって涼んだり、全身をたたきつけたりする様子に観光客らが歓声を上げた。

 札幌を観光中のフィリピン人留学生ダトー・エイドリアンさん(32)は「生まれて初めてホッキョクグマを見て感動した」と興奮。クラッシュアイスの中のスイカを探して食べる様子を見て「フィリピンのかき氷、ハロハロが食べたくなった」と笑った。

 札幌管区気象台によると、札幌では68年ぶりに10日連続で30度以上の真夏日が続いている。

PR

PR

注目のテーマ