アフガンでテロ、14人死亡

共同通信

 【イスラマバード共同】アフガニスタンの首都カブールで7日、自爆テロがあり、内務省によると少なくとも14人が死亡、145人が負傷した。反政府武装勢力タリバンが犯行声明を出した。

 アフガンでは9月28日に大統領選が予定されており、治安の悪化が懸念されている。

 車に乗った自爆犯が警察署の敷地入り口にある検問所で自爆した。朝の通勤時間帯で、警察官ら治安関係者50人と、居合わせた女性や子どもを含む市民が巻き込まれた。

 タリバンは「警察官採用を担当する部署が入った建物を狙った」と主張した。

 タリバンは6日、大統領選への不参加を呼び掛けテロを示唆する声明を出していた。

PR

PR

注目のテーマ