台湾北東部でM6・0

共同通信

 【台北共同】台湾の中央気象局によると、8日午前5時28分(日本時間同6時28分)ごろ、台湾北東部宜蘭県を震源とするマグニチュード(M)6・0の地震があった。震源の深さは約22キロ。行政院(内閣)によると、北部の新北市で、女性が倒れたタンスの下敷きになり死亡した。台北市でも大きな揺れを感じた。

 台北市や新北市など各地で計約1万戸で停電が発生。台湾メディアによると、台北市でエレベーターが停止して一部住民が一時閉じ込められたほか、宜蘭県では鉄道の運行を一時見合わせた。

 蔡英文総統は、各当局が被害状況を調査中とのコメントを発表、住民に冷静な対応を求めた。

PR

PR

注目のテーマ