ファーウェイ、独自のOS発表

共同通信

 中国広東省東莞で開かれた華為技術の基本ソフト「鴻蒙OS」の発表会=9日(共同) 拡大

 中国広東省東莞で開かれた華為技術の基本ソフト「鴻蒙OS」の発表会=9日(共同)

 【上海共同】中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は9日、トランプ米政権の制裁を受け独自開発するとしていた基本ソフト(OS)を正式発表した。名称は「鴻蒙OS」で、英語名は「ハーモニーOS」。搭載したスマートテレビを今年中に中国で発売する。スマートフォンやパソコン、車両などへの搭載は来年以降の予定。

 米国による輸出禁止措置に伴い、ファーウェイのスマホなどで米グーグルのOS、アンドロイドの更新版が使えなくなる可能性が浮上。独自OSの開発を急いでいた。

 鴻蒙は「天地が形成される前の混沌とした状態」を意味する。

PR

PR

注目のテーマ