チャドで衝突、37人死亡

共同通信

 【ナイロビ共同】アフリカ・チャドからの報道によると、東部ワダイ州で5日以降、牧畜を営む住民と農民が土地を巡る争いで衝突し、少なくとも37人が死亡した。デビ大統領が9日、記者団に明らかにした。

 気候変動による干ばつなどで牧畜や農業に適した土地が減り、双方が対立していた。デビ氏は「懸念される事態だ」と語った。

 5日に牧畜民が殺害されているのが見つかり、対立が激化。互いに銃で武装し、駆け付けた警官も銃撃された。衝突は3日間続いたという。

 チャドだけでなく、ナイジェリアやマリなど他のアフリカ諸国でも牧畜民と農民の衝突が相次いでいる。

PR

PR

注目のテーマ