米でウォルマートにライフル男

共同通信

 【ニューヨーク共同】米中西部ミズーリ州スプリングフィールドの大型小売店ウォルマートで8日、ライフル銃を持った防弾服姿の男(20)が歩き回り、テロの脅威を与えた容疑で地元警察に逮捕された。AP通信が9日、伝えた。店内は一時パニック状態に陥ったが、男は非番の消防士に取り押さえられた。発砲はしておらず、負傷者はいなかった。

 男は「(銃所持の権利を認める)合衆国憲法修正第2条をウォルマートが尊重するかどうか知りたかった」と供述しているという。

 APによると、フロリダ州のウォルマートでも8日、56歳の男がゴルフカートで店内に進入、複数の客にぶつける事件があった。

PR

PR

注目のテーマ