金正恩氏「新兵器」視察

共同通信

 【ソウル共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は11日、金正恩朝鮮労働党委員長が10日に「新兵器」の試射を視察したと伝えた。東部咸興付近から10日に日本海へ向けて発射した短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体2発を指すとみられる。北朝鮮外務省のクォン・ジョングン北米局長は11日発表の談話で、トランプ米大統領は北朝鮮の短距離ミサイル発射を容認していると指摘した。

 米韓が合同指揮所演習を11日から本格化するのに合わせ、両国の結束に揺さぶりをかける狙いとみられる。

PR

PR

注目のテーマ